クレンジングウォーターは普通の使い方ではだめ?

クレンジングウォーターの使い方には注意したほうがいいですね。クレンジングを断って基本的にはコットンに染み込ませてありシートに含ませて使用しますよね。それでポイントメイクを落とすこともできますし普通に全体的な下地を落とすこともできます。でもどうしてもやっぱり拭き取りタイプなので肌をこすってしまうんですよね。なのでメイクをきれいに落とそうと思って「何度もゴシゴシこすってしまうと肌の負担が増してしまう可能性が高い」という問題点があります。でクレンジングウォーターにも種類があってこの種類によって若干使い方が変わってくるんです。というのもクレンジングウォーターだ基本的にメイクを落とすための成分というのはオイル、アルコール(揮発性)乳化剤(界面活性剤)この3種類のうちのどれか1つが必ず使われていて、この成分を使っているために、基本的にその人にとって擦ると相性よくなく、肌荒れの原因になるといったようなことが起こるんですよね。アイライナーやマスカラが溶けるのを待ってそれからリップのメイク落とし時にも同様の方法でちゃんと含ませた後でちょっとだけ時間を置いて「浮き上がるのを待って」それから、肌に負担をかけないようにコットンなりティッシュオフをするなりしていきます。この使い方を必ず守るようにしないと、クレンジングウォーターを染み込ませたコットンやティッシュで顔をゴシゴシこすってしまうというような落とし方は絶対にやってはいけない使い方なんですね。界面活性剤のクレンジングウォーターというとあまりイメージが良くないように聞こえるかもしれませんけど実はそうでもなく、本当に肌にとって1番きついのはアルコール成分(エタノールを含む商品が1番端にとっては良くない可能性が高いんです。もちろんこれも使い方次第なんですけど、使い方といってもやはり気をつけたいのが先程母ご紹介した「ゴシゴシ洗い」なんですよ。特にアルコールが含まれているクレンジングウォーターの場合はアルコールの揮発成分自体に皮脂を蒸発させる力があるので、肌の潤いになる水分まで一緒に揮発させてしまうばかりか、それだけでなくその上にさらに擦り付けてしまうことで肌にとってはとても厳しい刺激で炎症や色素沈着を起こしてしまう場合があるんです。これも「秦野くすみ」「肌のシミ」の原因になりますよね。そうなってしまってからでは遅いので、やはりアイライナーやマスカラ、全体的な下地などしっかり落としたいと思うときはことも当院とメイクにそっと当ててしばらく手で押さえてあげて、アイライナーやマスカラが溶け出すのを待ってそれから「そっと拭き取る」というのが1番正しい使い方になるんですね。最近ではビタミンC誘導体配合のクレンジングウォーターだとかいろいろな成分が入っている美容系成分が豊富なクレンジングウォーターなどもたくさん出ています。でも、使い方次第ではそのクレンジングウォーターの「洗浄成分」がその後の美容系成分を上回ってしまうほどの肌のダメージを与えてしまう可能性があるので注意したいところなんです。人間の目は、どうしても初めて会った人などは必ず、顔、肌、目、手といったところに目がいってしまいますよね。なので、必ず肌を痛めないようなクレンジングの方法をちゃんと実践することで肌をいたわってうるおいがあるベストコンディションな状態を保っておかないと絶対に肌って汚く見えてしまいますもんね。注意しましょう。